かゆみの原因

なぜ蚊に刺されるとかゆくなるの?

itchiness1

蚊に刺されるとかゆくなる原因としては、蚊が血を吸う時に使用する唾液のためです。そして人間の皮膚にとまってから血を吸い終わるまでに約2分30秒かかると言われています。そのうち唾液を皮膚に挿入するのに16秒かかります。

もしも蚊が血を吸い終えるまでに、人間が動いて蚊が逃げた場合には、蚊が再び血を吸おうとして結果として複数の箇所を刺されることになる場合があります。蚊に刺されてもかゆくならないようにするためには、もし刺されても出来るだけ掻かないようにすることです。

 

蚊に刺されてしまったら

itchiness2

蚊に刺されてかゆくなるのは、アレルギー反応です。そのためかかれた場所を冷やすことにより、アレルギー反応が起こりにくくなります。結果としてかゆみが弱くなるのです。もしも刺されてしまった時には、かゆみどめを塗るようにして、手で掻くことを極力避けるようにしなければいけません。

特に子供の場合は放っておいたらつい自分でかいてしまうことが多いので、早い段階でかゆみどめを塗ってあげることが必要です。かゆみどめにも子供用にしみないものが販売されていますので、かゆみどめを塗ることに対して抵抗がある子供には、しみないものを選んで使用するようにしましょう。

また、そもそも虫除けをする必要なんてあるの?という方は、ぜひ、一度、こちらのページで情報を得てみてください。

Copyright© 2014 子供や赤ちゃんを守る!虫除けのルール All Rights Reserved.