メインイメージ

虫除けのルール

top

子供や赤ちゃんは自分で虫除けをするということが出来ません。そのため大人や親が子供や赤ちゃんを虫から守ることが必要になるのです。

 

 

 

 

 

網戸で虫除け対策

風を入れるためには窓を開けますが、その時は必ず網戸にするようにしましょう。網戸にも網戸専用の虫除けがあります。スプレータイプと吊るしておくようなものがありますので、網戸にも虫除けをするように心がけましょう。

赤ちゃん用の蚊帳を活用しましょう

赤ちゃんが寝ている時には、特に蚊が寄ってきやすいです。そのため赤ちゃん用の蚊帳を使用するようにしましょう。赤ちゃん用の蚊帳をすることにより、赤ちゃんを蚊から守ることが出来ます。

線香タイプの煙には注意しましょう

線香タイプの虫除けを使用する時には、煙が子供や赤ちゃんに直接かからないことが大切です。そして手の届かないところに置くように配慮をしましょう。

玄関にも虫除けを

玄関から虫が入ってくることがとても多いため、玄関における虫除けを用意しておく必要があります。玄関で虫をシャットアウトしてしまえば、子供や赤ちゃんを虫から守りやすくなります。

ディートについて

ディートは6カ月未満は使用しないでください。6か月~2歳未満の場合は1日1回、2歳以上から12歳未満でしたら、1日1~3回使用可能です。

ディートが入っていない虫除けスプレーはこちらです。
↓↓

虫除けスプレー純国産

純国産でディート不使用の安全な虫除けスプレー。赤ちゃんが使用してもOKという安全性の高い虫除けです。

http://www.mutenka-okada.com/item/index04.html

虫除けスプレーは天然ハーブだけを使用している安心で安全なものを選びましょう♪

こういった優れた製品は、やはり一つの基準になります。

Copyright© 2014 子供や赤ちゃんを守る!虫除けのルール All Rights Reserved.